ローヤルゼリー通信

画像

授乳中にローヤルゼリーを食べても大丈夫?

ローヤルゼリーにはホメオスタシス(生体恒常性)調整能力があると言われていて、体質改善や免疫機能の向上、老化防止など注目を集めています。
自律神経を活性化させる働きもありますので、生活習慣病や自律神経失調症、さらには美肌にまで効果があるとされています。

ローヤルゼリーはアレルギー反応が起こる可能性があります。
経口摂取の場合は、アレルギー体質でない人にはほとんど関係ありませんが、喘息やアトピーなどの既往歴がある方は各種アレルギー反応(蕁麻疹や湿疹、むくみ、呼吸困難など)が高い確立で起こる可能性がありますので、使用を避けた方が良いでしょう。

ローヤルゼリーは健康食品ですが、妊娠中や授乳中の方も使用を避けるよう但し書きがされているものも多くあります。
それは妊娠中・授乳中の女性に対してのデータも充分ではないために、使用に対しては避けるか医師と相談の上に使用した方が良いという結論からです。
授乳中のお母さんがローヤルゼリーを服用していたから、母体もしくは赤ちゃんになにかしら悪い影響が出たと言うデータもないようですが、授乳中の赤ちゃんの健康に良いというデータも現時点ではないわけです。

ローヤルゼリーは、健康面や美容の様々な面で向上をさせてくれるものではありますが、人体に対する研究データが少ないということもあり、完全に効果が証明されていないというものも少なくありません。
過去にローヤルゼリーを服用していた人で出血性大腸炎を起こしたり、外用で皮膚に痒みなどが出たと言うケースもありますが、それが本当にローヤルゼリーが要因となったのかは証明されていないということもあります。
ですので、安全面を考えるのであれば『避けたほうが良い』という言葉に繋がるのでしょう。

普段からローヤルゼリーを服用していた方の場合でも、妊娠や出産によって体質が変化する場合もありますので、服用を再開する場合などには少量から再開するなど、医師に相談の上行いましょう。

Menu

  • トップページ
  • サプリメント製品比較!ランキング
  • スキンケア製品比較!ランキング
  • 選び方のキホン
  • 効果・効能一覧
  • ワタシ流!美肌づくりマニュアル

Pick Up

Ranking

    お薦めサプリ
    ローヤルゼリーキング

    その他のお薦め

  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • 40歳からのローヤルゼリー
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • 山田養蜂場RJスキンケア
  • エモリーRジェル

Topic

Copyright© 2011 Royal jelly journal All Rights Reserved.